20180329 - 21.jpg
居酒屋「いの吉」!
福岡の「ベジガーデン」の仲さんに会いに行きました。わーいお久しぶりです~って。仲さん居酒屋ですか!

「今居酒屋さんの手伝いもしているの!」

という事で太宰府にあります噂の居酒屋「いの吉」さんへ。

20180329 - 23.jpg
居酒屋「いの吉」さんは、まだオープンして6ヶ月。漁師直通の糸島の鮮魚をお出しする、太宰府の人々が心待ちにしていた居酒屋だそうです。太宰府は5時になると軒並みお店が終了するそうで、夜もやっている唯一の居酒屋さんだそうです。仲さんはマクロビの域を超えて、お魚の世界へ。興味をもったら一目散で取り組みます。なんてエネルギッシュな仲さん。脱帽です。
20180329 - 22.jpg
とびきりのお刺身の盛り合わせをご馳走してくださいました。

今までいただいたことのない新鮮なお魚のおいしさです!

甘くて、柔らかくて、でもコリコリ身が締まって、あーこれは通いたくなりますね。
一度食べたら、また必ず食べたくなる、予約がなかなか取れない人気の秘密がこのお皿に。芸術です。
ありがとございました。
 
居酒屋さんなんて、何年ぶりだろう。
仲さんのおかげで美味しいお料理に、大好きな井筒ワインの生ワインもいただいて、ほろ酔いいい気持ち。
20180329 - 26.jpg
太宰府天満宮で夜散歩。梅の花が数かに残っていました。
太宰トシオさんのご先祖さんもこの梅を眺めていたのでしょうか。
この地から、船で旅して岡山へ、そして北海道へ、そして茨城、そして今の太宰トシオさんも旅をしています。
この遊牧の民をどうぞお見守りください。
 
20180329 - 27.jpg
お月様に桜の花。美しいなあ。
20180329 - 29.jpg
お身体がちょっと冷えてきたので、仲さんに教えていただいたカフェ「COCCOLO」さんへ。古いお家をリノベーションしたとっても可愛らしいお店で、ここも太宰府で夜に開いている唯一のカフェだそうです。
20180329 - 28.jpg
あたたかなコーヒーに癒されます。
20180329 - 30.jpg
仲さんのお宅に泊めさせていただき、朝は仲さんの手料理をいただきました。
なんという贅沢。たくさん昨日はおごちそうをいただいて、胃も疲れているかなと思っていたのですが、いいお料理で逆に元気いっぱい。朝からもりもりいただきました。仲さんのお料理は本当に美味しく、何より体が喜ぶので大好き。仲さんのお料理を目指して、毎日のお食事の時間を過ごしたいです。

20180329 - 31.jpg

お昼は太宰府をお散歩して、仲さんのお友達と一緒にランチをいただくことに。
20180329 - 32.jpg
「日和お茶々」の店内。着物のお客様が素敵なお店の雰囲気にぴったりですね。
20180329 - 33.jpg
窓から差し込む光に包まれて、仲さんの30年来のお友達と楽しいひと時。
20180329 - 34.jpg
上品なお料理。春の風を感じるとっても優しいお味で、ゆっくりかみしめて頂きます。
太宰府でこんなにお上品な時間を過ごしたのは初めてです。素敵なお店を教えていただきありがとうございます。
仲さんとご一緒させていただける時間は、いつも元気で楽しくて嬉しくて美しくて、盛りだくさん。
そして進化し続ける仲さんに、いつも私たちはびっくりさせられながらも、変わらない愛情に癒されています。
 
本当にありがとうございます。
今年も仲さんと楽しいことがいっぱいの1年となりますように。
 
20180329 - 12.jpg
柔らかな日差し。こんな日はお庭でゆっくりしたいな~。
この日は私たちの音楽を愛してくださった、福岡のお花の妖精のようなお母さんの面影が残る福岡の「東宝美容室」さんへ遊びに行きました。
20180329 - 13.jpg
春先の小さなお花たちがお庭で待っていてくださいましたよ。

20180329 - 3.jpg

 

20180329 - 4.jpg

 

20180329 - 5.jpg
チューリップの葉っぱがピンク色に染まっています。
おしゃれなお母さんの粋な計らいですね。
20180329 - 6.jpg
ローズマリーのお花。
聖母マリアのバラ「rase of maria」という由来があって、聖母マリアが衣を被せたところ白いローズマリーが青色になったという言い伝えから来ているそうです。
20180329 - 7.jpg

 

20180329 - 9.jpg

 

20180329 - 8.jpg
 
20180329 - 10.jpg
ピンクの椿、「桜椿」というそうです。かわいい!お母さんの大好きなお花だったそうです。
20180329 - 14.jpg
クリスマスローズがたくさん咲いていました。
20180329 - 15.jpg
花の妖精さんたちの羽の音が聞こえてきそうです。
20180329 - 16.jpg
いろんな木や植物に蔓がくるくる。ムカゴが、、。ここはわりかし都会なのに。
よくムカゴご飯するよ~。え~びっくり。ここはお庭というより小さな都会の森ですね。
20180329 - 17.jpg
お庭を眺めながらお茶をいただきました。無農薬の紅茶に、美味しい焼きドーナツ。
なんだかイギリスのお庭でアフタヌーンティーをいただいているようです。
20180329 - 19.jpg
「東宝美容室」の美容師の高倉さん。
美容室で使われるものは、アレルギーで素材が気になる私たちにも安心な、体に優しい素材ばかり。
高倉さんに出会ってからは、私もここで髪を整えてもらっています。コンサートもさせていただいたり、本当にお世話になっています。
この日も私たちのCDをかけてくださり、お客様に宣伝してくださいました。
20180329 - 20.jpg
玄関に美しいクリスマスローズとミモザのお花。
なんてかわいいのでしょう。高倉さんの優しさが伝わる素敵なおで迎えに心癒されました。
冬の間、いろんな悩みで心が落ち込んでいたのですが、高倉さんのおかげで、心がまた花でいっぱいになりました。
あ~会えてよかった。嬉しかった。
ありがとうございました。
 
 
 
 
20180329 - 41.jpg
あたたかな春がやってきました。
広島の呉でのコンサートも無地終えて、そのまま春の気まま旅。
広島から九州までは、雨が続き、寒い日が戻っていましたが九州に入ってから暖かい日を過ごしています。
 
私たちの新しいCD「ルピカの星』を手に、大好きな方々へお届けに回っています。
疲れた体を癒してくれる福岡の「風の樹」さんへ。
ちょうどこの日は「風の樹」さん体操やセラピーの行われた日でたくさん人が集まっていたそうです。
ここではいつもいろんな星々出身の不思議な方々が集まります。
楽しい夕食をご一緒させていただきました。
20180329 - 2.jpg
ご馳走がいっぱい。持ち寄りの素材で、魔女のようにたったった~とお料理が出来上がります。
彩りも美しく、腹ペコチェレステ楽団は、パクパク、ヘンゼルとグレーテルのように夢中でいただきました。
20180329 - 1.jpg
初めてお会いした、空から言葉を下ろしてくださるジュペリさんに、チェレステ楽団のことを空に尋ねてくださいました。「恐れず、温めてきたものを今実現する時です。」と嬉しいお言葉をいただきました。最近悩んでいた偏頭痛も「もうすぐなくなる」そうです!!なんと嬉しい。とっても励まされました。皆様へのお礼に「ルピカの星」の中の歌を少し演奏させていただきました。大好きなみなさんのことを思いながら作った曲ばかりなのでなんだか涙がこぼれそうになりました。聞いてくださり本当にありがとうございました。
この日は、風の樹さんで就寝。寒の戻りで風も強く寒い日でしたのでとっても助かりました。いつも家族のように迎えてくれる「風の樹」さん。
大変ありがとうございました。
 
新たな気持ちで出発!
 
春の優しい風に乗って行ってきます。
 
 
20180318 - 1.jpg
広島の呉にやって来ました。昨年の12月に広島の神慈秀明会のコンサートのご縁で、呉の集会所でも是非にと、3月18日のお祭りの日にチェレステ楽団の演奏をさせていただきました。前日に打ち合わせとリハーサル。晴れ渡る空、心温まるお出迎えに感謝しながら、、。
20180318 - 2.jpg
建設されて1年目の大変美しい会場で、準備の日はちょうどステンドグラスの窓に太陽の光が入って、壁が虹色に。
ステンドグラスがとっても美しかったのですが、あんまり夢中で眺めていたらお写真を撮るのを忘れてしまいました。また見に行きたいな〜。
 
20180318 - 13.jpg
呉は、天然の良港といれているそうで、明治時代以降は、帝国海軍、海上自衛隊の拠点となっているそうです。
港に見たことのない船がたくさん浮かんでいました。男の子はやっぱり軍艦など興味があるようで、嬉しそうに眺めていると思ったら、
手前の小さな青い船が、たむらしげるの絵本に出てくる船みたいときゃっきゃしていました。
 
 
その日はクレイトン・ベイホテルという素敵なホテルを用意していただきました。
20171019 - 1.jpg
呉の港が一望できる素敵なお部屋。大きな窓から光が差し込みます。そして、夕暮れの時。
20171019 - 2.jpg

美しい夕日が、海に浮かぶ船たちを赤く染めて美しく輝きました。

20180318 - 5.jpg
ホテルの中にある、「呉濤」で夕食をいただきました。
和食で、素材に大変こだわり、素材の味を生かしたお料理は、大変美味しく、大満足でした。
20180318 - 7.jpg

デザートも、可愛らしい!!右上のカステラは、大好きなフランスのカヌレのような食感と味がしました。

 
20180318 - 6.jpg
二人とも大満足。本当に素敵なディナーのひと時に、誕生日もバレンタインもホワイトデーもみんなお祝いできたようでした。
ありがとうございました。。
 

呉の街は、「この世界の片隅に」と言うアニメ映画の舞台となった場所。ずっと見たいなあと思っていましたが、ここが舞台だと教えていただき、早速夜に、映画をレンタルして、見させていただきました。とっても素敵な映画で、涙がいっぱい溢れました。

20180318 - 15.jpg
ホテルの部屋の窓から見える呉の夜景を眺めながら、映画を見ると、タイムスリップしたようでした。広島の原爆とはまた違う、戦争の恐ろしさや、悲しみ、またその中での人々の暮らし、そして今ここで美しい港の夜景を眺めている私たち、、、。この時すべてが映画の中のような気持ちがしました。昨日まで知らなかった呉の街が、とても近く感じられ、この日に映画を見ることができてよかったです。ありがとうございました。
20180318 - 8.jpg
朝の朝食バイキングでは、ワッフルを自分で焼くことができるコーナーがあって、楽しかったですよ。
ご当地の料理もいただいて朝からゆっくり過ごせました。
本当に贅沢な時間を過ごさせていただいて、本当にありがとうございました。

20180318 - 16.jpg

さあテレステ楽団のコンサートがはじまりました。本当に温かな方々に見守られてのコンサートに、胸がいっぱいになります。素敵な紹介で迎えていただき、心をほぐしていただきありがとうございました。今回は、新しいアルバム「ルピカの星」の初披露でしたので、大変緊張しました。初めての曲の演奏はいつもガチガチで泣きそうになりながら演奏することが多いのですが、皆さんの温かさに包まれ、震えながらもゆっくり落ち着いて演奏できました。会場の響きに助けられ、歌も気持ち良く歌うことができました。自然農法や、祈りの世界や、芸術や音楽への思いなど、私たちの大切にしているところと神慈秀明会の方々の思いが同じなのか、本当に演奏していて、皆さんと心が一つになるような、一人ではないと背中を抱きしめてくれるような、そんな思いを抱かせてくださる、そんなコンサートでした。
20180318 - 9.jpg
そしてそして、コンサートが終わり、ほっと一息。お昼に、自然農法で作られたお米やお野菜を、スタッフの方が心を込めてお料理してくださいました。春を感じるお料理は、美しくすべてのお料理がキラキラしていましたよ。美味しくて、あっという間に食べてしまいましたが、そのあとも体に染み込んで、しばらく、美味しい料理に浸ることができました。
 
20180318 - 10.jpg
デザートも優しいお味。桃の花の蕾を添えて。
 
20180318 - 11.jpg

お世話頂いた皆さんと最後にお写真を撮っていただきました。

皆さん笑顔の素敵な方々。光に包まれ、自然の土に触れ、かつてそうであった本当に美しい自然や世の中を目指して歩まれている方々に、たくさんの愛をいただきました。
私たちも、この気持ちを忘れず音楽を奏でて行きたいです。
素晴らしいおもてなしに感謝の気持ちでいっぱいです。
 
ありがとうございました。
 
 

メリークリスマス!

皆様、どうぞ素敵なクリスマスの時をお過ごし下さい。

クリスマスカード2017.jpg