20170715 - 5.jpg
札幌のいとこのこうちゃん家に帰ってきました。5月終わりの北海道に渡った頃に最初に寄らせていただいて、いろいろおすすめを教えてもいただいたおかげで、安全かつ楽しく今年は道東の北海道を満喫して戻ってきました。ありがとう。自転車好きのこうちゃんに自転車を借りて、札幌の街へ乗り出すことに。
20170715 - 6.jpg
トシオさんも楽しそう。自転車なんて、四年前こうちゃんにこんな感じで借りて、スープカレー食べに行った時以来だなあ~。
20170715 - 7.jpg

車道を走らなきゃならないからなんだかちょっと怖い。すごーく軽くて細くて高くてフラフラしちゃう。こうちゃんがゆっくり走ってくれたからなんとかついて行けました。

20170715 - 9.jpg
サッポロビール園に行きました。レンガに蔦が蔦って素敵な建物です。
20170715 - 12.jpg
中で見学も出来ます。サッポロビールの歴史をお勉強。歴史好きのこうちゃんに解説を入れていただきながら楽しく回りました。
20170715 - 13.jpg
いとこ同士、どことなく似ている二人。音楽のこともこうちゃんに聞けば間違いなし。クラッシックからジャズに民族、ロックまで何にでも精通しています。さすが、お父様の「ひとつのことを極めれば全てが見えてくる」を息子が体現しています。トシオさんの憧れの音楽家です。
20170715 - 16.jpg

飲み比べセット。クラッシック、黒ラベル、開拓ビール。どれも工場から特別直通の出来立て新鮮ビール。こんなにも缶ビールと味が違うものかと感動です。ずっとここに来るのを楽しみにしていたトシオさん。大喜びでおかわりまでしちゃいました。

20170715 - 17.jpg
たくさんの人で賑わっていました。シャンデリア風のライトがビール瓶でできていたり、椅子も星マークのきりぬきだったり、サッポロビール一色です。外ではビアガーデンもあったり。でも予約がないと何時間も待たされるので諦めて、別の場所でお食事しました。人気だなあ。
20170715 - 19.jpg
すっかり日も暮れて、いい雰囲気のサッポロビール園。美味しいビールに大満足。いっぱいお話したり美味しいものいただいて、すっごく楽しかった~。昼間は暑かったサッポロの街も、日が暮れると風が気持ちいいね。ありがとうこうちゃん。近くにいろいろ楽しい場所があっていいなあ。またサッポロ散策しに行こうね。
 
20170715 - 2.jpg
滝川にありますホテルのレストランより。
滝川に住んでいるトシオさんの叔父叔母夫婦を訪ねました。
小さな頃、トシオさんも親戚家族に連れてきてもらったというホテルのレストランでお食事をさせていただきました。急な立ち寄りにもかかわらず、迎えてくれた叔父さま叔母さま。音楽教室を夫婦でずっとやっていて、この日もレッスンに通う中学生と小学生が来ていました。本格的にピアニストを目指す生徒が多く、受験の生徒を抱えたり、コンクールに東京まで出向いたり、音楽の道を進む人が多くたいへん忙しそうでした。トシオさんのいとこの息子二人も、音楽家ですが、基礎からしっかり学んで、怖いものなしの雰囲気は、音楽を始めるのが遅く、今になって四苦八苦している私には羨ましい限りです。
20170715 - 1.jpg

「一つのことをしっかり極めることが大切。そうすればそのうちにその世界だけでなくいろんな世界がわかるようになってくる」と語る叔父さまの言葉が身にしみました。

トシオさんのお父様のお話もいろいろ聞かせていただきました。トシオさんが小学校の頃、病気で若くして亡くなってしまったお父様は、トシオさんそっくりなのだそうです。兄弟の叔母さまが、トシオさんを見てると兄弟でいた頃と錯覚するようだと言っていました。ちょっと風変わりで、心優しいお父様の性格もそのままだそうです。みんなに愛されていたお父様に私も会ってみたかったなあ。
音楽や芸術、旅行のお話など、好きなことが私たちとなんだか似ている叔父叔母夫婦と、話が尽きることなく楽しくお話できて楽しかったです。またゆっくり寄らせてください。ありがとうございました。
20170713 - 45.jpg
三国峠を登ってきました。見晴らしが素晴らしい~。4年前に通った時にはあいにくの雨で、霧も立ち込めてこの辺りは何にも見えなかったので、こんな美しい景色が広がっていたなんて想像もつきませんでした。風も吹いて気持ちよかったので、車の窓全開で少しお休みしました。それでもやっぱりこの日は暑かった~。こんな山の方なのに日差しが強いので寝汗をたくさんかいて、温泉に行くことに。峠を越えて、層雲峡というところの温泉に行きました。
20170713 - 47.jpg
石狩川沿いを走って行くと、滝が見られるというので、寄ってみることに。川沿いは涼しくて救われます。
20170713 - 48.jpg
「流星の滝」
もう一つ「銀河の滝」もあり、美しいのですが、緑が生い茂ってよく見えないので、展望台まで上がってみることに。
20170713 - 50.jpg

20170713 - 51.jpg

緑がもりもり。
20170713 - 52.jpg
おーいトシオさん。
20170713 - 53.jpg
「双瀑台」の展望台に着きました。二つの滝が同時に見られます。細く繊細な白糸のように優美な姿で流れ落ちる「銀河の滝」は女滝と言われ、太い1本の滝となって力強く流れ落ちる「流星の滝」は男滝と言われているそうです。
20170713 - 54.jpg
展望台まで20分ほど、と書かれて気軽な感じかと思ったら、かなりきつい登りでした。汗が滝のように流れます。足もぶるぶる。運動不足がたたります。でもここまで登る価値はあります。とっても美しくて心が清々しました。そういえばこの日は七夕の日です。銀河、流星の滝なんて七夕っぽいです。いつも一緒だけど、この場所で七夕を迎えられたのがなんだか嬉しいです。
20170713 - 56.jpg
おーいトシオさん
20170713 - 55.jpg
いつも通り、トシオさんは下駄で山登り。転げないようにゆっくりです。振り向くといつも後ろに。しかも暑さの苦手なトシオさん。まさかの北海道の暑さにふーふー言っています。北海道育ちのトシオさんと、九州育ちの私では、夏は私の方が元気。頑張って~。立ち止まるとブヨにやられるので、先に降りますよ~。温泉でゆっくりしましょうね~。
 
 
20170713 - 33.jpg
上士幌の糠平の三の沢橋梁
糠平湖に季節によって姿を変える「タウシュベツ川橋梁」という橋の写真を見て、いつか行ってみたいなあと思っていたのですが、
いとこに「かなり風化し続けているのでそのうちに見られなくなるかもよ。写真撮るのにいいよ~」と教えていただき行ってみることに。でも残念ながらタウシュベツ川橋梁は、ツアーの予約か、通行許可をいただいて柵の鍵を借りに行くか、熊に気をつけながら自力で4キロ歩いて行くか、の選択しかなく、自然センターに行ってはじめて知ったので、どの選択肢もこの日は無理そうでしたので、他にもある橋梁を幾つか見て回ることにしました。ここは三の沢橋梁。下に降りれるようになっていて、降りてみると、今年は雨が少ないのか糠平湖が糠平湖が遠く向こうにあり少し歩いてみました。
20170713 - 31.jpg
この時期だと通常はきっと水の中かなあ。
20170713 - 32.jpg
広いね。なんだか別の星に来たみたい。人工湖だから元は木々がおいしげっていたのでしょう。切り株がたくさんありました。
遠くにタウシュベツ川橋梁がうっすら見えました。ここから歩いて行けるかなあ~なんて思ってみましたが、暑いし危険だし到底無理な話です。台風10号の被害の影響で、いろいろ崩れているようですので、、、。
20170713 - 36.jpg
タウシュベツ川橋梁
国道沿いにタウシュベツ川橋梁展望台があったので憧れのタウシュベツ川橋梁をそこから眺めることに。ここからでも十分美しさと不思議さが伝わります。切り株と観光客の人達の姿が小さく見えます。きっと想像しているより橋は大きんだろうなあ。このころは水に浸かっていることが多いようですが、むき出しです。なんだかどこかの砂漠の遺跡のようです。水に浸かって全然見られないこともあるそうです。冬には氷の上に顔を出して、とっても幻想的なのだそうです。しかも、クマの心配もないし、スキーですいすい~。やっぱり冬かだよね~。
20170713 - 38.jpg
線路の跡は遊歩道になっていました。この国鉄士幌線は十勝北部の農産物や森林資源の開発に貢献した鉄道だそうです。しかし、森林資源の枯渇と車の普及により1978年に廃線になったそうです。
20170713 - 37.jpg
線路を辿ればいろんな橋に出会えるのでしょうね。木陰があるので涼しくお散歩できそうです。でもブヨがいるのでご用心。
20170713 - 39.jpg
第五音更川橋梁にて
たくさん橋があったと思うのですが、ぼんやりして車だとすーっと通り越してしまうので、3つしか橋梁は見られなかったけれど、なんだか面白かった。朽ちゆく姿が美しいと感じるのは何故なのでしょう。またコンクリート製の橋ですがこの土地の石や砂利を使っているので自然ともなじみやすいのでしょうか。ぼんやり眺めていると、鉄道が走っていた時代の風景がすーっと見えてきそうです。
20170713 - 40.jpg
旧線路の隣を走る現代の道路の脇には、可愛い野の花がたくさん咲いていました。
20170713 - 41.jpg
蝶々もたくさん飛んでいます。
20170713 - 43.jpg
20170713 - 44.jpg
ここは楽園?
橋を見に行くはずが、野の花にすっかり気を取られてしまいました。誰が植えたわけでもないのになんという美しい道端なのでしょう。こんなお庭に住みたいなあ。
 
 
 
20170713 - 27.jpg
扇ヶ原展望台より
十勝平野が広がっていました。広いね。ちょっと霞かかっていますが。眺めは最高です。
20170713 - 26.jpg
然別湖に向かって行きました。可愛らしい山。
20170713 - 4.jpg
駒止湖
然別湖の隣に小さで静寂な湖がありました。なんだか神秘的です。
この辺りの岩は風穴になって、涼しいのでナキウサギが生息しているそうです。きゅっと鳴く小さなうさぎさんに会いたかったなあ。
20170713 - 6.jpg
鹿追町にあります然別湖にやってきました。北海道にある湖で一番高いところにあるので「天空の湖」と呼ばれているそうです。大雪山国立公園の中で唯一の天然の湖で、澄んだ水で満たされ美しかったですよ。前回も来たことがあったのですが、あいにくの雨でした。この日は大変良い天気で暑かった~。本当は然別湖を抜けて、糠平、三国峠と抜けて行く予定でしたが、去年の台風被害の影響で、通行止になっていて、この湖で道が封鎖されていました。残念。「せっかくここまで登ってきたので、良い天気だし舟に乗ろう。」あまり冒険しないトシオさんからのお誘い。乗ろう乗ろう!
20170713 - 5.jpg
トシオさん張り切って漕ぎだしました。湖の上は涼しくて気持ちいいね。
 
20170713 - 7.jpg
エメラルドグリーンの水が本当にうっとり。
20170713 - 8.jpg
岸辺に行くと透明度がよくわかります。でもブヨがすごいので慌てて逃げます。
20170713 - 12.jpg
わーおもしろい雲。

20170713 - 10.jpg

私も漕いでみたり。コツをつかむとぐーんと進みます。

20170713 - 11.jpg

雲が立ち上っています。なんだか風も吹いてきました。

20170713 - 13.jpg

あれれ、なんだかちっとも行きたい方向に舟が向かってくれません。
20170713 - 17.jpg
これは、トシオさんに交代です。でもなんだか苦戦しています。
20170713 - 14.jpg
きゃあ波が高くなってきた。しかも流されている。
20170713 - 15.jpg
うわ~風が吹く吹く。これは危険です。
どうしようだれか助けて~。と思ったところに、
20170713 - 18.jpg
ボート貸しの方が助けに来てくださいました。風が急に強くなったのでここまでくると自力で船着場に戻るのは無理のようです。
20170713 - 19.jpg
ほっと安心。
20170713 - 20.jpg
船着場からあんなに離れてしまっていました。回収される私たち。自力で帰りたかったトシオさんでしたが、オールを漕ぎ過ぎて手に豆ができていました。かわいそうに。
20170713 - 22.jpg
でも流される心配なくゆっくり湖を眺めることができ得したね~。
20170713 - 23.jpg
湖水に山が映し出され、唇山と呼ばれている山は、波が荒いため見られませんでしたが、この山を見て、トシオさんが小さいとき家族と来たなあと、思い出しました。然別湖で楽しい思い出がまた増えましたね。
20170713 - 24.jpg
怖い思いをしたので、足湯でほっと一息。
さあ、士幌に戻って糠平の方へ行きましょう。
20170713 - 29.jpg
ジャガイモの花畑。広いね~。
20170713 - 30.jpg
太陽がこんな小さな雲の向こうに隠れていました。
雲は虹色に光って不思議な形をしています。
いろいろ盛りだくさんの1日でしたが、楽しく充実しました。
へっぽこな二人なのであまり冒険しないのですが、、やっぱりへっぽこな私たち。でも通行止めだったおかげで観光客も少なく、然別湖で二人きりのボートで、静寂な森や湖の景色も満喫でき、監視もしっかりしていただいたおかげで、楽しい思い出になりました。
 
冬には、湖は凍り、氷の村が出来るそうです。ロッジやアイスバー、教会、氷の上での露天風呂などなど盛りだくさん。やっぱり冬!来てみたいなあ。