20170717 - 19.jpg
トラピスト修道院への並木道
函館にやってきました。16日に函館で花火が上がることを知って、急ぎ足で函館にやってきました。16日はちょうど日曜日でしたので雨が降っていましたが、朝、函館の隣の北斗市にありますトラピスト修道院の敷地にあるカトリック当別教会に日曜日のおミサに行きました。
20170717 - 9.jpg
カトリック当別教会。

修道院の神父さまによって行われるおミサ。聖堂内は真っ白の壁にちいさなステンドグラスの小窓がたくさんあって可愛らしかったです。全て歌によって進められていくおミサは大変美しく、み言葉が心に聖堂にやさしく響き、心穏やかにお祈りができました。またオルガンの響きがなんて美しいのだろうと思っていましたら、演奏されていた方は日本で5本の指に入るほどの経歴を持つオルガニストの修道士さんで、当別教会でオルガンを弾ける人がいないので、ミサのために伴奏をしてくださっているそうです。ひっそりとささやかに美しい響きを奏でる姿が印象的で素敵な思い出になりました。また奉納のお手伝いまでさせていただいて、大変心が充実しました。

20170717 - 10.jpg
おミサが終わると、雨が上がっていました。マリア様のお恵みでしょうか、教会の方にお声をかけていただきました。茨城県から来たことを告げると、その方は、修道院のお手伝いをしている方で、修道院の礼拝堂を案内しましょうかと言ってくださいました。

トラピスト修道院は男性の修道院なので、普段は女性は入ることができません。関係者でない一般男性も見学希望の申し込みをし、往復ハガキでのの手続きをしなければならず、旅人には難しいかなあと諦めていたのですが、なんという幸運なのでしょう。

20170717 - 11.jpg
修道院の入り口へ。
鐘が二つ。白い塔の中では修道士さんが時間になると紐を引っ張って鳴らしているそうです。昔のままです。
礼拝堂は、撮影禁止なので写真はありませんが、とにかく静寂で、祭壇の上の真っ白な壁に舟越桂さんの作品のマリア像が掛けられ、その眼差しがやさしく聖堂を包み込んでいました。腕まくりをされているマリア様は、お仕事をされている姿であり、働くこともまた神様のお恵みとされていることを教えてくださいます。木でできたパイプオルガンもありました。四年前、お知り合いになった修道士さんが時々修道院案内の時に弾かれていたそうです。実はその方にお会いしたくこの教会に訪れてみたのですが、その方は大分の修道院に移られたそうで今回はお会いすることができませんでした。でもまた違った素敵な出会いでこの場所で、その修道士さんの聖なるオルガンの響きが染み渡る聖堂にお寄りすることができ、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
20170717 - 12.jpg

教会の方と。五十年も修道院のお手伝いをされているそうです。修道院の敷地の中にご自宅があり、生まれた時からこの敷地で育ったそうです。ご両親も修道院とともに暮らし、8人姉妹で、修道女になられたお姉さまもいらして、まるで聖テレーズの家族のようです。神様の恵みの中での暮らしに心がいつも洗われ、心穏やかに幸せに暮らしているそうです。なんて素敵なのでしょう。この出会いとお世話になりましたお礼に修道士さんにお渡しするはずだったCDをちょうど持っていましたのでお渡しすると、以前にお会いした修道士さんが私たちのクリスマスのCDを修道院の食堂で流していただいたお話を知ってくださっていて、なんだかとても嬉しくて涙がこぼれそうになりました。

雨がまたたくさん降り出し、「もしお時間ありましたら、お家に寄りませんか。」とお誘いいただいて、雨宿りに寄らせていただきました。お家は本当に修道院のすぐそばで、お花やお野菜の植えられたお庭の向こうは、修道士さんの牧場が広がっていました。そして修道院やお庭で取れた昔ながらの無農薬栽培のお野菜をいろいろ味見させていただいているうちに、すっかりご馳走になってしまいました。
20170717 - 14.jpg 20170717 - 16.jpg 20170717 - 17.jpg

ルバーブのジャムをはじめていただきました。甘酸っぱくて美味しい!修道院のヨーグルトと一緒に。修道院では自給自足の生活で、昔のままの調理法でお料理を作られるそうです。ご飯もパンを焼くのもかまどで火を焚いているそうです。唯一女性でキッチンに入ることのできる奥様は修道士さんのお食事やクッキー作りなどのお手伝いをしているそうで、焼きたてのクッキーやバター飴、パンやお野菜を帰りにもたせてくださいました。なんというお恵みなのでしょう。感謝の気持ちで胸がいっぱいです。

20170717 - 18.jpg

旦那様は、九州の出身の方で、まだ中学生ぐらいの頃、貧しかった家を出て、北に向かって各地を歩き、本で読んだこのトラピスト修道院に2月の雪の中、函館駅から徒歩で修道院へ行き扉を叩いたそうです。その頃の修道院の院長様が大変心の広い方で、クリスチャンでなかった旦那様を快く受け入れて、修道生活をさせていただいたそうです。「未だに修道院に足を向けて眠ることができない。今があるのは修道院のおかげ、本当に感謝している」と語る旦那様。修道院とつながりのあった奥様の家族のお家に訪問しているうちに、奥様と仲良くなり修道士ではなく、結婚の道を選ばれたそうです。本当に心穏やかなお二人。こんな人生もあるんだなあと驚いてばかりです。「窓の外に見える景色が、四季折々美しい姿を見せてくれるので、見飽きることがないんです。修道院のお仕事は大変ですが、いつも神様のお恵みをいただいています。どこにも行きたくない、素朴な暮らしですが、すずっとここにいたいのよ。」あ~何て素敵な響き。旅人の心をぐっとわしづかみです。そんな暮らしを私も見つけたい。こんな素敵なご夫婦にお会いし、こんな素敵な暮らしを見せていただけて、、、。心の中で何かが変化するのを感じました。暮らしの形は違っていても、神様にお仕えする暮らし、私たちの音楽も旅の生活もそうでありたい、、。

修道院は昔は修道士が60人ほどいたそうですが、今は20人ほどしか暮らしていないので、いろいろお手伝いが必要なのだそうです。牧場も畑もバターやパン作り、観光用のおかし作りなどなど修道士だけでは手が足りないのでいろいろ掛け持ちでお手伝いしているそうです。修道院は全て手作業による自給自足の暮らし。便利な世の中になって、なかなか修道士の厳しい暮らしを希望する人も減ってしまったようです。時々心に悩みを持った方が癒されに訪れるそうですが、修道院は神様にお仕えするお仕事。共同生活の厳しい暮らしの中で、神様に寄り添い、世の中に奉仕し、希望を持って明るく暮らして行ける人でないと難しく、修道院に入っても逃げ出してしまう人が結構いるそうです。修道院も教会も人が減っている現状、、。人の心は混沌とした世の中に溺れ、都会に人が集中し、災害や戦争が各地で起こり、悲しみ憎しみにあふれる今こそ、祈り、自然に寄り添う素朴な暮らしが必要になってくるのではないかと思います。腕まくりをしたマリア様。北海道の自然は厳しいけれど、愛情を忘れず、大地に感謝して生きぬくご夫婦のお姿が重なって見えるようです。いろいろなことを考えさせられ心に残る時間となりました。

本当にありがとうございました。函館がまた特別な場所になりました。この出会いに感謝。
 
20170717 - 1.jpg
羊蹄山の麓にあります京極で湧き水汲みに行きました。北海道の湧水といえばここだと口を揃えてみなさんおっしゃいます。本当に美味しいお水。道の駅になっているし、遊歩道や公園もあって楽しく過ごせる場所だけあって、たくさんの人で賑わうので、朝早く水汲みに行きました。冷たいお水が流れているので、とっても涼しい~。ここのところ北海道にしては本当に暑い日が続いているので、体がほっと安らぎます。
20170717 - 2.jpg
今回の北海道最後の水汲みになるかなあ。
20170717 - 4.jpg

澄み切った水に癒されます。北海道遺産のこの素敵な場所は、中国企業に買われてしまって、中国人の管理になっていると聞きました。中国の観光バスがものすごくやってきます。だから水を汲めないわけではありませんが、なんだかとても残念と北海道の人たちはがっかりしています。そんな場所がいくつかあって日本がなくなる~と心配になります。でももともとは北海道はアイヌ人のところで日本人が略奪した歴史がありますし、元をたどればきりがなく、みんなかみさまの恵みです。みんなひとつの地球に住む家族。誰のものなど決めずに、みんなで恵みに感謝し分かち合えるような世の中こそが、平和な世の中なのかもしれません。生きているうちにそんな日が来ることがあるでしょうか。

20170717 - 5.jpg
ジャガイモ畑がいっぱい広がっていました。お花が咲いてきれい。でも新ジャガは今回の旅では間に合いそうにないなあ。
20170717 - 6.jpg
羊蹄山が今日は霞んでいます。霞を集めた雲がまるで鳥が飛びだっているかのよう。
 
20170715 - 84.jpg
積丹で温泉に行ったついでに、贅沢にウニ丼と海鮮丼を頂いちゃいました。
外食でいちばんの贅沢です!!札幌のこうちゃんが積丹ならうにでしょ。今がいい時期だよ~と教えていただき、思い切っていただきました。
トシオさんの海鮮丼にはアワビや甘エビ、白身の魚などこちらも豪華でした。
20170715 - 85.jpg
半分食べちゃったけど、、。とろり甘いうにに感動です。
20170715 - 86.jpg
夢中すぎてゴメンなさい。小さなサイズでしたが、美味しいななつぼしのご飯にたっぷりのせられて、北海道満喫です。
トシオさんのアワビもコリコリして甘くって、久しぶりに美味しいアワビをいただきました。子供の時、家族で海水浴に行くと、うにやアワビをとってそのまま食べていたのを思い出します。それはそれは美味しかったけれど、今では貴重な体験です。、、。今は気軽にとることが出来ないし、きれいな海も少ないし。このうにもあの美しい積丹ブルーの海だからこそこんなに美味しいんだなあ。自然を大切にすれば、いつでも美味しいものが食べられる。特別でなかったことが特別になってしまった世の中。便利なようで不便がいっぱい。いろいろシンプルに戻していかなきゃね。
 
 
20170713 - 69.jpg
積丹岬を後に次は神威岬にやってきました。
ここもまたなんて美しい岬なのでしょう。光の角度や雲の具合で海の色や山肌の色が変わるのですが、こちら側は今が最高な感じです。
20170713 - 70.jpg
それにしても風がものすごく強くて、車から降りるとトシオさんの帽子はあっという間に飛んでいきました。(ちゃんと拾えました)麻のずっしりとした首巻きもこのとおり。ちゃんと立っているのもやっとな感じでした。
20170713 - 71.jpg
明治時代の初期までは女人禁制だったそうです。この地を去った源義経に心を寄せていたチャレンカという女性が、この岬で恨みの言葉を吐いて身を投げ、それ以来女性を乗せた船が近づくたびに船が転覆したことから女人禁制となったそうです。
20170713 - 72.jpg
門を抜けると、美しい岬が。チャレンカの小道を抜けて岬の先端へ。かなりの距離がありそう。風も強いし、、、。通りすがりのおばちゃんが「ああ今日が命日になってしまうかも」と言いながら歩いていました。チャレンカの小道ちょっと怖い。
20170713 - 74.jpg
風が強いので雲が集まったり散らばったり、天気があっという間に変わります。
20170713 - 73.jpg
小道の美しい緑に可愛いお花がたくさん咲いていました。風が強いのにたくましいなあ。茎がやっぱり太いですね。
20170713 - 76.jpg
白い花の楽園。
20170713 - 80.jpg
雨が降っているわけでも、朝でもないけれど、葉っぱに雫がたくさん付いています。
20170713 - 81.jpg
まるで宝石のよう。ゼリーみたいだったりしてと思って触ってみたけれど、水でした。

20170713 - 79.jpg

黄色いお花や
20170713 - 82.jpg
紫の花
20170713 - 83.jpg
20170713 - 85.jpg
20170713 - 86.jpg
岩肌と緑の具合もまた面白い。
20170713 - 87.jpg
見方によっていろんな顔が浮かんできます。雲があるところとないところの海の色のグラデーションが面白い。
20170713 - 88.jpg
どこかの惑星のような砂利ばかりのところもあったり。
20170713 - 94.jpg
石が不自然に土にくっついていたり。
20170713 - 89.jpg
見どころ満載で、一向に進みません。
20170713 - 91.jpg
ここも青いね。
20170713 - 92.jpg
積丹岬では汗だくだったけど、神威岬は風で水分がみんな飛ばされていきます。少し寒いぐらいです。
20170713 - 100.jpg

多肉植物もいっぱい。

20170713 - 95.jpg
断崖ですがお花が美しくて、身を乗り出してしまいたくなります。
20170713 - 99.jpg
岬の先端まできました。先端あたりは雲に覆われ、残念ながらグレーの海。晴れていたら、素晴らしく美しい青い海の世界だったに違いありません。
20170713 - 98.jpg
でもこのグレー色があのチャレンカさんの背中のような岩を引き立てます。
20170713 - 97.jpg
風よたくさん吹いて、雲を連れて晴れ渡る空をみせて。恨みを消して、チャレンカさんの心が解き放たれますように。鳥に祈りを込めて。
20170713 - 103.jpg
さあ来た道を戻ります。
20170713 - 104.jpg

エゾカンゾウが咲き乱れる崖と。

20170713 - 105.jpg
日本にもこんな素敵な道があったんですね。
20170713 - 105.jpg
石にあなぼこ。
20170713 - 108.jpg
行きも帰りもいろんな発見がいっぱい。
20170713 - 109.jpg
本当に水が美しい。チェレステ色。
20170713 - 110.jpg
天国に近づいたよう。
20170713 - 111.jpg
壮大な自然に神様の姿を見ているようです。
20170713 - 112.jpg
風に吹かれると、寂しいような気持ちになるのは、風の中に消えていった花びらや雲や人の心が感じられるからなのでしょうか。
光に包まれたこの時もまた風とともに消えてゆく。一瞬一瞬が大切な時でありながら、手放すしかないはかなさ。だからこそ美しい今をこれからも大切に生きていけますように。
 
20170713 - 57.jpg
古平にある海水浴場の駐車場にて
札幌のいとこのオススメで積丹に行くことに。手前の海水浴場でお休みした私たち。朝起きて、車から出ると虹が出ていました。わ~朝からなんて美しい。本当はもっとくっきりだったのですが、カメラを出しているうちに薄くなって、この写真のシャッターの後は虹は綺麗に消えていました。あっという間で幻のようでした。
20170713 - 58.jpg
練習を済ませてさあ積丹岬へ。前日の夜から雨と風で、涼しく過ごしていたのに、お昼になってしまったら、真っ青の空にカチカチのお日様。昔ニシンを丘に運ぶために掘られたこの真っ暗なトンネルをくぐると海岸に出るのだそうです。
20170713 - 60.jpg
ひやー。美しい積丹ブルーの世界です。こんなに青くて澄んでいるなんて、想像以上です。北海道で一番美しい海なのだそうですよ。
20170713 - 61.jpg
あんまり綺麗だから、下まで降りてみることに。結構降って行きます。
20170713 - 63.jpg
カナダ人らしき外人さんも大きな荷物背負って大急ぎで降って行きました。
20170713 - 65.jpg
そしてあったいう間に海へ。北海道で海水浴!思いつかなかった!!あ~自由でいいなあ。ひどい暑さの中、日本人観光客はこの外人さんを羨望の眼差しで眺めていました。でもきっと水は冷たいよ~。でもなんのその。
20170713 - 66.jpg
向こうの岩場まで泳いで行き、飛び込みを楽しんでいます。さすがカナダ人。川も海も雪山もひょいひょいです。
20170713 - 67.jpg
あ~私もあの青い水の中に飛び込んで泳ぎたかった。トシオさんは今日のパンツは何履いてたかな~なんて確認して、これじゃ無理だよね~って。やっぱり夏は水着をポケットに入れておかなきゃね。残念!
積丹ブルー忘れられない私の大好きな青色でした。