20180723-2.jpg
7月23日、福岡のコーボルトジャパンのショールームにて。 
大変お世話になったファインの藤野良明さんを偲んで、藤野さんと親しくされていた方々が集まり「よっちゃん祭り」が開かれました。
20180723-3.jpg
お客様を迎える前にみんなで乾杯。素敵な時間となりますように。
20180723-10.jpg
チェレステ楽団のコンサートもさせて頂きました。
平日、月曜の2時半という、なかなかレアな時間にもかかわらず、足を運んでくださり、大変ありがとうございました。
20180723.jpg
冬の間、制作などで実家に閉じこもっていたので、久々のライブです。「祈り」とテーマに、最新の作品を中心に演奏しました。ご披露初めての曲もあり、本当にドキドキでしたが、藤野さんが見守ってくれていたのでしょうか、心穏やかに気持ち良く歌う事ができました。藤野さんが亡くなられる前にいたホスピスには、美しい聖母マリアの御像があったそうで、チェレステ楽団にぴったりだから是非そこで演奏して欲しい。と言ってくださり、コンサートも予定していたのですが、間に合わず、天へと旅立たれてしまった藤野さんに、その時に演奏したかった、「ああ愛しい聖母マリア」という曲や、「みんな繋がっている」など藤野さんに捧げる事ができ、いろんな思いが空へすーっと吸い込まれていったような、そんな気持ちがしました。ありがとうございました。
20180723-11.jpg
アンコールに、司会をしてくださった横井ゆきえさんと一緒に、「アメージング・グレイス」を歌いました。横井さんは声楽をされていて、ゴスペルも歌うし、声楽や合唱の先生でもあり、そんな素晴らしい方と一緒に歌う事ができて、本当に幸せでした。確認程度で、リハーサルもできず、ぶっつけのデュエットでしたが、安心の安定感と声のボリュウムに支えられ、久しぶりにお腹からしっかり声を出して歌う事ができて気持ちよかったです。またアカペラで歌うっていいね〜。学生の頃のアカペラグループを作って歌っていたりしていた頃の事を思い出しました。本当に楽しかったです。横井さんありがとうございました。
20180723-6.jpg
Vegegardenの仲さん親子のベジのビュッフェ。色鮮やかな新鮮野菜にワクワク。お昼時でしたので、みなさん楽しんでランチを楽しんでいました。
20180723yasai.jpg
よしよし村の自然栽培で作られた野菜のなんと生き生きしている事。
20180723-8.jpg
オーガニックショップ「アンダンテ」。なかなか手に入りにくいオーガニックのコーヒーやお茶などみなさん興味津々でした。
 
20180723-12.jpg
演奏が終わってほっと一息。藤野さんの奥様の静江さんが握ってくださったおにぎりは、本当に優しいお味。美味しいビュッフェにまた感動です。チョコのデザートは、ナッツやドライフルーツがふんだんに練りこまれて、それだけで栄養がみんな補えそうな贅沢なスイーツでした。ごちそうさまでした。
20180723-9.jpg
地球子屋さんの心がほっこりとする手作りの雑貨。
手前の竹の楽器の音色が、大好きなガムランの音楽に合いそうな音色がして、癒されました。
20180723-7.jpg
谷澤友美さんによる、10分ハンドソロジーもみなさん大変癒されていました。ここのところずっと暑い日が続き疲れがたまっているから、ちょっとの時間でもこんな癒しの時を過ごせるのは貴重です。
20180723-4.jpg
ナファ生活研究所では、TAKEFUという竹の繊維の生地を使った肌着やハンカチガーゼが並べられていました。私もここの肌着や、ガーゼのストール、マスクなど愛用しています。シルクよりもっと柔らかくとろんとして、本当に気持ちが良いんです。肌の弱い方には絶対オススメです。
20180723-13.jpg
そしてお祭りの最後のブレイクダンス!!かっこよかったです!!最高潮盛り上がりましたよ。
 
20180723-16.jpg
あまりの興奮に、藤野さんの奥様の静江さんも踊りだしました。笑顔がいっぱいで嬉しかった。ありがとう。ありがとう。
20180723-17.jpg
楽しい時間は本当にあっという間。もっと皆さんと一緒にいたかった。そう思わせてくれるのも、藤野さんが愛した人達だからなのでしょうね。皆さんと出会えて本当に嬉しかったです。ありがとうございます。みなさんがどこかにいると思うだけで、どこにいようと今生きているのが、とても幸せで、希望でいっぱいです。満天の宇宙のようにみんなでこの世をいっぱい輝かしていきましょう。
 

20180509-11.jpg

大分の実家に帰ってきました。雨で水汲みに行けなかったので、家族で今一番お気に入りの別府にあります朝見神社の湧き水を汲みに行きました。今日はたくさんの方が汲みに来ていて、大賑わいでしたが、みんながいくらすくっても溜められた水がそこからこんこんと湧き出て全く減ることがありません。不思議ですね。神様に感謝です。

20180509-12.jpg

境内は緑がいっぱいで木漏れ日がキラキラして美しかったです。

20180509-13.jpg

「トシオさんおみくじ引く?」「いやいや」先日熊本の神社で大吉を引いたので、今年はそれ1本でいくそうです。

20180509-14.jpg

下に別府の街を見渡せます。

20180509-15.jpg

お昼に大分名物とり天発祥の中華料理屋さん「東洋軒」へ行きました。ランチはリーズナブルで大人気。11時半にして満席でした。

20180509-16.jpg

家族みんな冬の間インフルエンザやら体調不良でろくに食べられず大変な目にあったのですが、元気になってよかった。大変なボリュームなのですが、みんなでシェアしていろいろ食べられて、大満足のランチでした。

20180509-17.jpg

帰りに、野イチゴ拾いをしました。たくさんのイチゴのお花が咲いていました。

20180509-18.jpg

はちさんも蜜を吸いに。

20180509-19.jpg

こんなに真っ赤なイチゴがほろほろとなっていました。美味しかった~。

20180509-20.jpg

お家の近くの田んぼから。長野の雄大な山々にはかなわないけれど、ここからも結構いい景色が見渡せます。ああいい天気。無事にまた九州に戻りました。ひとまず休憩です。

20180507-9.jpg

 

山口のソレーネ周南の道の駅にて。

前日から降り出した雨は朝になっても雨は止みません。雨の日は窮屈な車の中でのお休みなので、寝違えてしまい、体操も出来ず、なんだか気持ちもどんより。

そこへ美味しそうなソフトクリーム屋さんの看板が目に。珍しくトシオさんが朝搾りソフト寄ってく?と誘ってきたので、やっほう。いただきました。

20180507-10.jpg

とっても新鮮なお味。そんなに甘くなくでもクリームは濃厚で美味しかった~。地元の牛さんの朝搾り牛乳を使っているそうです。なかなか食べられないお味です。気分もすっかり持ち直し、出発です。

20180506-3.jpg

今日は日曜日でしたので早起きをして、倉敷にあります倉敷カトリック教会へおミサに行きました。

蔵造りの素敵な教会で、信者さんもたくさんいらして元気のある教会でした。おミサの終わりに、初めて来た人の紹介があり「倉敷児島が本籍です。」というとみなさん拍手してくださり歓迎していただきました。もしかしたらご先祖様とつながりのある方がいらっしゃるかもしれません。どうぞ宜しくお願いします。

20180506-1.jpg

正面のステンドグラスや、両脇の壁にある十字架の道行きを備前焼のモダンなデザインで表されていたりと、シンプルながらも大変美しく興味い聖堂でした。

 

教会を後に、久しぶりに太宰家のお墓参りに行くことにしました。

20180506-43.jpg

よいしょ、よいしょ。小高い丘の上にお墓があるので、ずんずん登って行きます。

 

20180506-42.jpg

緑がいっぱい。夏になると大きな蚊がいっぱいなので、この時期でありがたいです。と思ったのがあまかった。すでに生まれていましたか。でも薄着でなかったので助かりました。

20180506-3.jpg

 

どうぞ家族みんなをお見守りください。

あ!トシオさん薄着だ~。「いてて、あ~やられた。」やっぱり。ここでは油断大敵です。

20180506-4.jpg

ここのところいろんな方のお墓参りやお祈りなどが多く、お家のことは後回しになっていたので、お祈りすることができてよかった~。気持ちがすーっとしました。

親戚みんなここから遠くに住んでいるのでなかなかお参りができなくて、、。でも旅をはじめて、1年に1、2回ぐらいは見に行けるようになりました。でも老朽化で、、いろいろお墓の問題って大変ですね。どう受け継いでいったらいいのか。真剣に考えないとなあ。

 

 

20180504-1.jpg

もうたいぶチェレ号さんが弱ってきて、来年の車検が心配になってきたので、チェレ2号さんを考えるか、チェレ号さんの古くなったパーツを入れ替えか、考える時が迫ってきました。参考までに神戸にありますキャンピングカーのお店に車を見に行くことに。いろんなタイプのキャンピングカーがいっぱい。中がどうなっているのか一度覗いてみたいなあと思っていたのです。

20180504-4.jpg

大きな頭が出っ張った四角いキャンピングカーは、収納がすごいね。

荷物がバッチリが入ります。

20180504-2.jpg

お部屋もくつろぎスペースがおしゃれ。

20180504-6.jpg

シンクも

20180504-5.jpg

ベットもお家にあるようなものと変わらないです。エアコンも付いている!

発電機や太陽光などしっかり整備されて、すごいね。

20180504-8.jpg

チェレ号よりちょっと大きなハイエースのような車もご覧のとうりゆったりです。

20180504-10.jpg

板を組み合わせてテーブルにしたりベットにしたり。工夫がいっぱい。

 

 

20180504-7.jpg

小さなタウンエース。上が空いて思ったより広くなりそう。売約済みで中は見られませんでしたが、興味津々。

 

 

20180504-9.jpg

チェレ号と同じタイプのマツダのボンゴフレンディー。こちらはガソリン車。オーニングが付いているけど、うーんだったらチェレ号の方がいいなあ。

20180504-11.jpg

大きな車、果たして運転できるのかなあ。ろくに運転しない私が乗ってもなんなのですが、視線が高くなって意外と運転しやすそう。

 

20180504-13.jpg

一番お高級なキャンピングカーもみせていただきましたが、あまりの贅沢ぶりにため息ばかり。車なのにお部屋が区切られていて、ホテルのようでしたよ。

20180506-8.jpg

夢のような車から一転。チェレ号の庶民的な暮らしにほっと一息。狭いながらも楽しい我が家。狭いキッチン?も慣れれば大丈夫。夕飯の準備して、なんだか昭和ですなあ。それにしてもお土産やら雨の日で物が溢れかえっています。もうちょっときれいな時に写真撮って~。