1月21日,第二回在宅医療応援シンポジウムにて、チェレステ楽団ライブ無事終わりました。

 

宮崎県の木城町 というところにあります、文化交流センターリバリスの大ホールでのシンポジウム。医療関係者以外の町の人々も足を運んで下さり、町全体で在宅医療のあり方を考える大変貴重な時間でした。

東埼玉総合病院の中野智紀先生の「地域包括ケアからケアする社会へ」の講演では、具体的で、わかりやすく、医療だけでなく、いろいろな分野に置いても、生かしてゆけるお話でした。

先生の病院のある埼玉県幸手市は、平成24年から在宅医療推進を含む地域包括ケアシステム「幸手モデル」の構築や共助の為の仕組みづくりを行い、その取り組みは全国から大きな注目を浴びているそうです。テクノロジーが進む中で、人間にしか出来ない事、テクノロジーの力を生かすところをしっかりと見極めて行かなければならないこれからの医療。また医療や行政だけでなく地域の中で活躍する、コミュニティーデザイナーというかたの力を借りて、医療の枠を超え、町のイベント、芸術、音楽など、全てを繋ぎあわせ、コミュニティーの基盤を作り、医療を盛り上げてゆく事を行っている先生のお話が大変心に響き、私たち音楽人も、もっと地域に役に立つ事があることがわかり大変励まされました。

 第二回在宅医療応援シンポジウムでの演奏:チェレステ楽団

チェレステ楽団のライブにて。[中野先生に綺麗な写真をお借りしました^^] 

久しぶりのライブでした。

昨年体調を崩し、元気になったと思ったところに、年末抵抗力の落ちているなか、インフルエンザが舞い込んで来て、年初めまでげほげほと大変な年初め。もう歌えなくなるのではないかと不安に陥り、心も弱気になっていましたが、いつも気にかけて下さる大好きな木城町や、木城クリニックの方々にお会いしたい一心で、体調を取り戻し、体力もつけて、なんとかライブを迎える事ができました。筋肉がまだ落ちているので、声をキープする事が大変でしたが、さすがクリニックのスタッフの皆さんの笑顔や頑張っている姿に癒され、テンションがぐーっと上がって、喉も開き、心を込めて精一杯演奏させて頂きました。本当にありがとうございました。

会も終わり、お客さんのお見送りをしていると、80歳のおじいさんに声をかけて頂きました。「もうそのままで素敵だからずっとそうして頑張って行って下さい。林檎の木の歌は、昔の事を思い出して涙が出ました。うちの地域にも呼びたいなあ。」と、言って下さり、本当にうれしかった~。自分たちのオリジナルの歌を世代の違う80歳のおじいさんに真剣に聞いて頂き、褒めて頂き、そのままでいいって、こんな私たちでいいって言って下さったおじいさんの、あたたかく優しい気持に感動しました。そんなあたたかな一言や笑顔で、人は癒され元気になることを教えて下さいました。

 

交流会にて。

シンポジウムも無事終わり、木城クリニックの先生やスタッフの皆さん、気さくでみんなを包んで下さるような町長さんや福祉の方、素敵な講演を聞かせて下さった中野先生、みんなニコニコ笑顔。皆さんから貴重なお話をたくさん聞かせて頂きました。木城クリニックの永田先生は終末医療に携わる中で、同じ病気でも、体力や生活習慣、ひとりひとりみんな違う状況であるので、マニュアルに当てはめる事なく、よくお話を聞き、患者さんの気持を大切にしているそうです。

 

高齢化が進み医療だけでは町の方々を支える事が難しくなってくるこれからを見据え、永田先生は中野先生の提唱している幸手モデルを知り、共感し、お手紙を書いて、来て頂けるようにお願いをしたそうです。そんな先生の熱意が若いスタッフの皆さんに伝わり、町の方に伝わり、貴重なシンポジウムになったのではないかと思います。この町で頑張っている皆さんの姿がとても美しかった~。本当にお疲れさまでした。

 

IMG 4458

メリークリスマス!!

 

久しぶりのブログです。

今年は夏の頃から少し体調が良くない日が多く、体をだましだまし音楽に勤しんでおりましたが、

11月に入る頃、急に寒くなったりして、とうとうひと月まるまる寝込んでしまいました。

気管から肺がやられてしまい、熱にうなされ、息が苦しく、咳き込み、肋骨が骨折でもしたかのように痛み、横になるの事もできず、座椅子でお休み。寝ても覚めてもそれがつづくので、久々に、もう歌う事も出来ないかも、これからどうしようかといろいろと考えたひと月でした。

 

時折調子の良い的に、ゆず蜂蜜や大根蜂蜜をなめたり、ネギをずっと口に入れてみたり、レンコン汁を飲んだり、炒り玄米スープを作って飲んだり、、特に良かったのは、食用の竹炭のパウダーを水に溶かして飲みましたら、一気に体の毒素が出て行く感じがしました(個人差があります)。そうしているうちに体力が戻り、症状に慣れ、最近全然読めていなかった本を読んでみたり、思いにふけったり、いろんな事をゆっくり心で見ていました。神さまに貴重な時間をいただいたようでした。

 

今は、すっかり回復し、食欲も復活してたくさん食べているうちに体重も元に戻り(それ以上かも)、また少しづつ音楽の練習をはじめています。筋肉がすっかり落ちてしまったので、復帰には時間がかかりそうですが、ゆっくり、じっくり見直しの時間を楽しんでいます。

 

IMG 4501

 

コンサートをさせて頂く予定でした方々に、大変ご迷惑とご心配をおかけし、大変申し訳ありませんでした。逆に皆さんに励ましていただいたり、トシオさんが、いろいろと走り回ってくださったおかげで、前向きに早く治さなきゃと考えることができました。本当にありがとうございました。良いで会い、皆さんのやさしさに感謝です。

DSC 0991 2

今日はクリスマスイブ。

おかげさまで元気にクリスマスを迎えることが出来そうです。

今年は世界中で地震や台風被害、テロや悲しい事件がたくさんありました。

人間の心は自然そのもの。

私たちの心を改め、自然を愛する事で、世界は美しく輝く事をイエスさまは教えて下さっています。

宗教を越えて、この日は世界中の人がクリスマスをお祝いするとき。

 

国や宗教を越えて、世界中の人々が心を合わせてこの世の平和を祈る事ができますように。

 

 

 

 

 

10月21日に 大分の佐伯市にありますエステサロン”Feel ”さんで

チェレステ楽団のコンサートをさせていただきました。

20161021-1_d3e00.jpg

入口には風船がいっぱい。かわいい!

なんだかわくわくのハロウィンパーティーです。

20161021-2_469c3.jpg

10周年を迎えたfeelさん。

21日、22日、23日の3日間の大感謝祭。

実は2012年に、知り合いを通じて、feelさんで演奏させていただきました。

そしてこの10周年の大切な記念日にまた声をかけて下さるなんて、本当にうれしかったです。

20161021-3_8007a.jpg

10周年記念ハロウィンケーキ!

スタッフさんのお写真入りです。なんて可愛い!

ケーキの他にもたくさんのお料理が用意され、ビュッフェを楽しみながらの模様しにお客様もとっても楽しそうでした。スタッフの皆さんの心づかいが大変素晴らしかった~。ありがとうございます。

またfeelさんがはじまりのお話を聴かせていただいて、チェレステ楽団の旅のはじめの頃の事を思い出しました。思いを形にし、それを続けてゆく大変さと喜び、それは生きる事そのものである事を再確認する時間でもありました。

 

”feel”10周年記念大感謝祭での演奏:チェレステ楽団

そして賑やかなパーティーから一転して、灯りが落ちて静かな音楽の時。

feelさんの大切なお客様と素敵なスタッフさんと過ごす時間をいただいたことに感謝して、心を込めて演奏しました。言葉足らずで人と上手に交流することが苦手な私ですが、音楽の時は心がみんな開いてそのままでいられる、、。feelさんもきっとそんな場所。

そんなfeelさんで、心温まる時間を皆さんと過ごすことができて本当に幸せでした。

ありがとうございました。

IMG_2552_a7308.jpg 

ご紹介頂いたお友達とオーナーの日高さんと一緒に。
お二人の素敵な笑顔に心が癒されます。

本当に10周年おめでとうございました。 

IMG_4392_835f4.JPG

阪九フェリーにのってチェレステ楽団のライブをさせていただきました。

ライブのカメラ撮りを失敗してしまい、リハーサルでの様子しかありませんが、、。

 

このフェリーは泉大津から新門司までを結ぶ「ひびき」というフェリーで、瀬戸内海最大級の新造船だそうです。

 20161010-5_727af.jpg

長野県の木曽路であります奈良井宿に寄りました。

ダウンジャケットを着るほど気温が下った寒い夜でしたが、朝になるとお日様が差し込んで過ごしやすい1日となりました。でもちょっと寒かったかな。