20170612 - 56.jpg
知床自然センターに行くと茨城のお家の近くから来たという職員さんがいらして、いろんなお話をしてくれました。同郷の人がいると嬉しいですね。
知床の自然のレクチャーもとっても勉強になりました。
20170612 - 57.jpg
自然センターの森へ入ると、早速鹿さんが出迎えてくれました。
20170612 - 58.jpg
木の幹に隠れて、トシオさんを見守っているようでした。
どうぞ気をつけてね~。
20170612 - 59.jpg
森を歩く時には熊よけにスレイベルをいつも携帯するようにしています。
楽器がこんなところで役に立つなんて。

20170612 - 60.jpg

森を抜けると広い熊笹畑。

20170612 - 61.jpg

あそこにも
20170612 - 62.jpg
こちらにも鹿さん。

20170612 - 63.jpg

としおさんも。
すっかりお腹も良くなったのか、とても楽しそう。
20170612 - 66.jpg
フレペの滝まできました。


20170612 - 65.jpg

右端のちょろちょろ水が流れているのがフレペの滝。
ちょろちょろが乙女の涙のようなので乙女の滝とも言われているそうです。
20170612 - 67.jpg
展望台で一休み。

自然センター レクチャーでのお話をトシオさんと語り合いました。

知床の自然が世界遺産になったことも、原生の森だからではなかったことも初めて知りました。昔本州からの移民で開拓をした人たちがいて、かなりの広さが田畑になっていたのですが、あまりの自然の厳しさからその町から人がいなくなり、そのまま残されていたそうです。その跡地を利用して一大観光の開発をしようと、元首相の田中角栄さんが推し進めていたのですが、その時の市長さんが、開発により美しく豊かな自然が失われることを恐れ、開発を押しとどめ、その田畑の跡地を自然に戻そうと、国中の人々に寄付を募ったそうです。すると5億円の寄付金が集まり、自然に戻すプロジェクトが始まったそうです。まだまだその過程で、自然の循環を取り戻すのは、本当に大変なことを知りました。世界遺産になった一番の理由はそんな人々の思いだったのですね。素敵です。日本中でその取り組みが行われたらどんなに素晴らしい日本に帰ることができるのだろう。日本ほど美しかった、そして変わってしまった国はないのではないのでしょうか。でもここでそれができるのであれば、勇気を出してどの町もそれができるはずですね。とても希望が湧きました。
20170612 - 68.jpg
広いなあ。
20170612 - 69.jpg
ポツン。壮大だなあ。
20170612 - 71.jpg
森に帰るとまた鹿さん。
20170612 - 72.jpg
美しい森をありがとう。
20170612 - 73.jpg

この日は最後に、夕日が綺麗に見られるという夕陽台に行きました。

雲が海の上を覆って微妙な夕日っぷり。でももしかしたら、、。
20170612 - 75.jpg
しばらく待っていると、雲のと海の間すれすれで夕日が顔を出しました。
写真では伝わらないのが残念ですが、それはそれは美しい美しいサーモンピンクの光でした。
神に感謝。
 
20170612 - 40.jpg
知床五湖に行きました。といってもまだトシオさんが本調子ではないので、長時間の森散策は諦めて遊歩道を歩くことに。
それでも美しい湖で水面にくっきりと逆さ連山を見ることができました。美しいね。
知床連山を背に原生林に囲まれた五つの湖は神様が指をついてできたという伝説を持つそうです。
20170612 - 37.jpg
湿地に小さな水溜りがたくさんあります。

20170612 - 35.jpg

青い水面がハート型のようでかわいい。

20170612 - 36.jpg

しかし、この日はお天気が良すぎて真夏のよう。昨日はあんなに寒かったのに。観光客もみんなひいふー言っていました。
知床の夏はものすごい人の列で大変だそうです。山歩きのガイドさんもツアーがごっちゃにならないよう、時間配分をしながら案内しなければならないので夏は大変だそうです。数十分の道も何時間もかかりそうですね。写真を撮るのにみんな必死だそうで今日はスカスカなので一人で悠々と記念撮影。よかった。
 
20170612 - 45.jpg
カムイワッカの滝
知床五湖から、舗装されていない道をかなり走っていくと楽園のような場所でがありました。
温泉の川です。うそーと思っていたけど本当に温泉でした。
20170612 - 47.jpg
滑らないように気をつけて、滝を登って行きます。
20170612 - 48.jpg
滝つぼまできました。
あーもうこの中に浸かりたいなあ。
強酸性のお湯なので、ぴりぴり少し刺激がしますが、川の水と混ざっていい具合。
皮膚炎やアトピーには良いようですよ。
20170612 - 49.jpg
トシオさんも一緒に。
20170612 - 51.jpg
上から下を見るとちょっと怖い。足元もぬるっとするので、帰り道の方が危ないかも~。
20170612 - 52.jpg
夏だったら水着着てバシャバシャ入りたいところですが、、、。北海道にはブヨがたくさんいるのでやっぱり足をつけるぐらいしかできないかなあ。それでも大分癒されます。あー楽しいなあ。
20170612 - 54.jpg
この川も、少し濁っているようです。
この先に岩尾別温泉という秘境の温泉宿があるそうですよ~。
森がキラキラ輝いて、何て素敵な景色。
 
20170612 - 30.jpg
ああいい天気。空の雲が鷹が飛んでいるように見えます。前日の嵐が嘘のようです。
 
1日休憩してトシオさんのお腹の調子も大分良くなったので、知床に向かいました~。
そういえば、網走に行った時、網走刑務所に行こうか迷って、、、北海道のいとこに旅を始める前に、北海道の危険なところや怖いところを教えていただいて、ここは行くもんじゃない!と言っていたのを思い出し、怖いからやめようということになり、ちょっと遠くから眺めて通り過ぎただけだったのですが、、。何かついてしまったのかなあ~。前にもそんなことがあったので、、。神社やストーンサークルとか心当たりがたくさんあって、ちょっと怖かった~。でも斜里町にある温泉でゆっくりしたら元気になって、ホッとしました。
20170612 - 31.jpg
オシンコシンの滝。
道路のすぐそばで雄大に流れているのでびっくりします。
20170612 - 33.jpg
ゴツゴツの岩が面白いなあ。
それにしても、水しぶきがものすごいです。しばらくいるとびしょ濡れになりそう。
マイナスイオンたっぷり~。暖かな日だから気持ちがいいなあ。
 
20170612 - 27.jpg
羅臼岳
斜里町といえば、世界遺産の知床半島です。
もう羅臼岳も目の前に、、。
なんだか雲行きがあやしい感じです。すっかり雲に覆われて、明日の天気は嵐のようです。
知床に行くか、この辺りでちょっと様子を見て向かうか迷いました。
というのも、トシオさんがお腹の調子を壊して、なんだか痛いというのです。私も少し疲れ気味だったので、少し戻って、シャリの道の駅でお休みすることに。
20170612 - 28.jpg
空は金色に輝いて美しいですね。
20170612 - 29.jpg
風がビュンビュウ吹いて、雲がどんどん形を変えてゆきます。
これは嵐になりそうな予感。
あー神様私たちをお見守りください。
 
20170612 - 14.jpg
そろそろまた水がなくなってきましたので、水汲みの場所を探していましたら、斜里町に「来運の水」というところで水が汲めるそうなので早速行ってみました。
20170612 - 13.jpg
とっても美味しいお水でしたよ。
水汲み場の奥に神社があるようでしたので、行ってみました。
20170612 - 18.jpg
素敵な小道。でもやっぱりクマが出そうで怖いです。
20170612 - 21.jpg
森の中は蝉の鳴き声でいっぱいです。
まるで夏の終わりのようです。
20170612 - 15.jpg
20170612 - 16.jpg
小さなお花がに癒されながら、歩いて行くと
20170612 - 17.jpg
小さな神社がありました。
来運をお願いします。
おいしいお水もたっぷり汲むことができました。
ありがとうございました。
20170612 - 20.jpg

ここのところ、朝早起きなことと、朝の音楽の練習でちょっとかわっった練習を取り入れていたら、お昼にはすっかり疲れ果ててしまい、ドライブ中(助手席)少し眠ってしまうのですが、この日は全然目覚める気がしなく、夢の中でも頭がグルングルンして、もう現世に帰ってこれないという夢を見ていたら、もうそろそろ起きたほうがいいんじゃないとトシオさんに起こされました。トシオさんも、ちょっとお腹の調子が悪いと、ここで一休みしていたようです。
20170612 - 25.jpg

そこはストーンサークルのようになっていて縄文時代のお墓なのかな。
20170612 - 22.jpg
夢の中のぐるぐるぐるぐると何か関係があるのかなあ。
とっても天気が良く、気持ちが良い日なんですが、ちょっと空気の重さが異質な感じでした。