20180403 - 41.jpg

ハーッピーイースター。

美しいカウンターテナーの米良美一さんの歌声を聴きに、宮崎県西都市で行われた「ふるさとから夢コンサート」へ。

先日熊本のカフェ「銀羊・舎」さんで、「オルフェオ」の舞台のお話になり、その舞台でご一緒させていただいた米良さんのお話を聞いて、大変懐かしく、もしかしたらどこかでコンサートに行くことができないかなあ。と探しましたら、ちょうど向かう予定の宮崎でコンサートに出演なさるのを知り、慌ててチケット予約、無事お席を確保して、コンサートに行きました。

 

ワクワクドキドキ。米良さんの他に歌手の「JILLE」さんや黒木姉妹という演歌歌手の方も出演なさり、皆さんのパワーに圧倒される、内容の濃いコンサートでした。皆さん西都市出身の方々で、地元大好き、そして地元の人に大変愛されているアーテイストさん。当然かもしれないのですが宮崎弁が本当に達者でびっくりしました。宮崎弁って可愛くって好きだなあと思いました。しばらく私もなんだか宮崎弁になってトシオさんの茨城弁とちょっと似てるね~なんて言って遊んでいました。

20180403 - 42.jpg

サイン会に並んで米良さんに会いに。ご一緒させていただいたのはもう二十数年前、覚えていてくださるか不安でしたが、覚えていてくださり嬉しかったです。右も左も分からない学生時代の私に、惜しみなくいろいろ教えてくださった米良さん。米良さんの歌への愛情、言葉を大切に歌われる心のこもった歌にいつも感動させられていました。そして女性にはなかなか出せない、少年のような軽やかな天使の声に、深い響きを併せ持った声、また独特のゆらぎをもつ声が素晴らしく、米良さんにお会いして以来カウンターテナーに憧れていた私(なれませんが、、)でした。

「オランダに行くんだ~」ってすごく嬉しそうに話していたのを覚えています。あー遠くへ行ってしまわれるんだなあ~と思っていましたら「もののけ姫」で大ブレイクして本当に手の届かない場所へ行ってしまいました。

 

先日「アトリエ空」さんを訪れた時、アトリエの方が学校の教員をされていたそうで、子供の頃の米良さんを知っておられ、お話を伺いました。小さな時から骨が弱く骨折を繰り返す難病を抱え、「朝の朝礼などで教室から校庭にどっと集まる時に、階段をみんなで降りて行くだけで、米良さんは人波に押されて骨折されていたそうです。そんな米良さんを気遣い先生の勧めで養護学校に移られて、音楽と出会い歌の花が開いたそうです。たくさんの人に歌が届けられるようになってからも、たくさんの苦難を抱えていた米良さん。ここ最近も、くも膜下出血で倒れていたそうで、

それでも復帰されて、また歌を歌われている米良さん。米良さんは本当に歌うために生まれてきたんだなあと感じます。米良さんの歌への愛情や生き様が伝わる「ヨイトマケの歌」は、本当に素晴らしく、お客様みんなが惹きつけられ、一つとなり、みんなで涙しました。うれしかった~。この一つとなる瞬間をお客様は待ち、そして心満たされる。それだけで天にも登るほど幸せになれる。歌の魅力は本当に不思議なものです。

 

本当に米良さんにお会いすることができて幸せでした。

私も歌への情熱は米良さんに負けていませんよ。

ささやかですがずっと歌い続けたいそう思いました。

ありがとうございました。

イースターの素敵な恵みに感謝して。

 

 

 

20180403 - 28.jpg

カトリック宮崎教会より

ハッピーイースター!!

羊雲がもくもく青空を走り抜ける空の下、

レンガ造りの教会の真っ白な十字架がキラキラ輝くこの日、主の復活の日をを迎えました。

20180403 - 29.jpg

教会の門に飾られているステンドグラスが光に透かされ美しい。

20180403 - 30.jpg

教会の歴史は古く1891年にパリ外国宣教会のラゲ神父様によって創立され、125年を経ているそうです。

3度の移転があり、このバラ窓の美しい教会は2015年に完成したそうです。

 

20180403 - 31.jpg

無原罪のマリア様の両腕に迎えられて。

20180403 - 32.jpg

幼子イエス様は凛々しいお顔

20180403 - 33.jpg

真っ白な壁にステンドグラスの彩りが大変映え、清らかで美しい聖堂内部。

20180403 - 34.jpg 

イースターエッグがカゴいっぱいにあったけど、残りわずか。いただきます!

20180403 - 35.jpg

おミサの後のパーティーでは小さな子供から、お年寄りまで、たくさんの信者さんで賑わっていました。

20180403 - 36.jpg

4年前に韓国からいらした神父様が、延岡の教会に移られるそうで、送別会も行われていました。

20180403 - 37.jpg

お外では、羊のお肉が焼かれていました。犠牲の羊はイエス・キリストそのものとされます。大切にいただきました。

20180403 - 38.jpg

バングラデシュからいらしたシーナさんと。日本語のお勉強に日本に来ているそうです。シーナさんも歌を歌われるそうです。トシオさんがタブラの楽器を演奏していると知って、タブラはバングラデシュの楽器でもあり、「すごいねすごいね!」って言ってくれました。あんまり可愛くて一緒にお写真を撮っていただきました。

20180403 - 40.jpg

韓国からいらした神父様と。おミサのお話にたいへん感動しました。子供達を大切にされている様子が素敵で、こんな神父様のいる教会で子どもを育てることができたら、何て幸せだろうと思いました。

20180403 - 39.jpg

教会の方と。初めて来た私たちに声をかけてくださった奥さま。元気で明るくてとっても素敵な方でした。お話をしていると、息子さんご夫婦は、東京のカトリック神田教会で結婚式を挙げたそうで、私たちと同じでびっくり。そしてこのお二人は、大分の教会で結婚式をされたそうです。なんというご縁なのでしょう。不思議なことがあるものです。おかげで、楽しいイースターの時間を過ごすことができました。本当に幸せいっぱい。カトリック宮崎教会は、太陽の光がたくさん差し込むからでしょうか、日本の教会とは思えないほど、人も場所も明るく幸せな雰囲気がいっぱい。元気をいただきました。また是非訪れたいです。ありがとうございました。

神の恵みに感謝!

20180403 - 1.jpg

宮崎県の木城町へ。以前終末医療のシンポジウムなどでコンサートをさせていただいた時に大変お世話になりました木城クリニックの永田先生を訪ねました。なだらかな川辺にありますクリニックは心地の良いカフェのように癒されます。ちょうどお昼時でしたので永田先生とランチに。

20180403 - 4.jpg

西都市にあります「入船」という鰻屋さんに連れて行ってもらいました。

このお店は宮崎一の鰻屋さん。土曜日でしたので、特に混んでいて1時間半待ちでした。

20180403 - 5.jpg

お庭やいたるところで皆さん待ってらっしゃいます。

私たちは待っている間に、西都市を少し観光することに。

20180403 - 2.jpg

まずは神社でお参り。素敵な日となりますように。

20180403 - 3.jpg

大きなクスの木。大きな枝に寝転んでお昼寝ができそうなくらい。

枝がニョキ~っと私の方に

向いて話しかけているみたい。

20180403 - 6.jpg

宮崎の特別史跡公園であります西都原古墳群へ行くと、菜の花と桜が満開、春満喫です。

空も花もキラキラでまぶしかった~。なんて美しい風景なのでしょう。菜の花は不思議な香りがしました。

20180403 - 9.jpg

「鬼の窟古墳」

西都原台地は本当に広く、300基以上の古墳が点在しているそうですそうです。

7世紀初頭に造られたこの古墳は、コノハナサクヤヒメに求婚する鬼が、コノハナサクヤヒメの父・オオヤマツミの命によって、一夜で造ったと伝えられているそうです。中に入れるようでしたので入ってみると、

20180403 - 8.jpg

入ってすぐの天井には空洞があり、娘を鬼の嫁にはさせたくないオオヤマツミが、鬼が寝ている間に石室の岩を一枚引き抜いて放り投げ、

石室の天井に穴がある不完全な窟だとオオヤマツミが鬼にけちをつけて、鬼の求婚を断った。という神話があるそうです。

20180403 - 11.jpg

古墳の丘の外側に土塁があり、この形式の古墳は全国でも珍しいそうです。まるで宇宙船。

20180403 - 10.jpg

そこから見る景色もまた格別です。菜の花畑の真ん中の建物は、天皇陛下が訪れたときに鎮座したところのようです。

周りにはいろいろな木が植樹されていました。

20180403 - 14.jpg

咲き始めの八重桜。このピンクの色、本当に可愛いね!

ぐるるる。たくさん歩いたらお腹がすいてきました。

 

鰻屋さんの「入船」に戻ると、ちょうど順番が来て、なんというタイミングの良さ。

トシオさんの嬉しそうな顔。あ~なんて美味しいのでしょう。

先生ともたくさんお話ができて楽しかった~。先生ありがとうございます。

西都市は初めてでしたが、素敵な場所がいっぱい。

西都原の公園で毎日ジョギングがしたいなあ。なんだか住みたくなってきました。

 20180403 - 15.jpg

夕方には、以前コンサートをさせていただいた「アトリエ空」さんへ。

20180403 - 16.jpg

アトリエの杉田さんは今日は田植えをしていたそうで、お疲れのところでしたのに優しく迎えてくださいました。

久しぶりにたくさんお話ができ、お元気そうな姿を拝見することができたので、とっても嬉しかったです。

20180403 - 17.jpg

「アトリエ空」さんのところには素敵なアイリッシュハープがあり、少し触らせていただきました。

重厚な響きに感激。とろけそうな甘い音色にうっとり。いつかこんなハープを弾ける時が来るといいな。あ~アイルランドに行きたい!!

 

突然の訪問にもかかわらず迎えてくださり、本当にありがとうございました。

また、素敵な「アトリエ空」さんで、コンサートができますように祈りを込めて。

20180403 - 18.jpg 

 

夜には、宮崎市に行って、また木城クリニックの先生と再会して街の中を案内していただきました。宮崎の街を散歩するのは初めて。ワクワク。

20180403 - 19.jpg

「味のおぐら亭」

南蛮チキンで有名なのだそうです。タルタルソースのかかった南蛮チキンを開発したお店だそうです。もうすでに完売していました。

20180403 - 20.jpg

私たちは、沖縄のカフェ&バルのお店「Douchi」へ

私もトシオさんも沖縄料理屋さん大好き。嬉しくて嬉しくて乾杯!

20180403 - 21.jpg

海ぶどう、こんなに美味しかったんだね。忘れていたこの味に感激。

20180403 - 22.jpg

先生は、焼酎が大好き。泡盛の飲み比べでとっても嬉しそうでした。良かった~。患者さんと真摯に向き合う先生は、本当に真面目な方。患者さんのお話をいろんな方向から聞き出して、今の環境、食生活、また育った環境などから原因を見つけ、患者さんの心と体を癒してゆく素晴らしいお医者さんです。常に変わってゆく医療の勉強、また東洋の医学にも興味を持ち、すぐに何かの病気だと分類することをせず、個人個人の本質を見てくださる先生は、一人ひとりにかかる時間が本当にたくさんなのだそうです。何が原因かわからない時には、ずっとその方のことを考えてしまうそうで、そのストレスは、大変なものだと思います。先生ご苦労様です。こんな素敵な先生がいたら、老後は本当に安心ですよね。

20180403 - 26.jpg 

宮崎市は飲み屋さんがたくさんでびっくりしました。昭和レトロな雰囲気ので、なんだかタイムスリップしたみたい。

20180403 - 24.jpg

ネオンが古くていいねえ。

20180403 - 27.jpg

先生の満面の笑顔に癒されます。今日もお勉強会で、木城から宮崎市に来ていた先生。私たちも宮崎に次の日用事でしたので、先生とまたお話できて嬉しかった~。先生のおかげで、宮崎が大好きになりました。

先生お体にだけは気をつけて、またお会いしましよう。

本当にありがとうございました。

 

20180331 - 30.jpg

春の宵、風に揺れる桜の花の隙間からお月様がキラキラ。

日が暮れて夜の青になってゆく途中のこの時間。

もの悲しさに胸がキュンとします。

20180331 - 31.jpg

宮崎の日向の海辺から。

丘に登ると海辺を赤く染める朝日が昇ってゆくのが見えました。

トシオさんがまだ眠っていたので、一人静かに。

今回の旅の始まりからたくさんの方にお会いして、いろんなメッセージをいただき、じんわりじんわり朝日を拝みながら、その言葉たちを思い返していました。そしてなんとありがたい人生を送らせていただいているのだろうと、あらためて感じ、心がじんわりしました。感謝。

 

20180331 - 10.jpg 

北海道でお知り合いになった大工の川邉さんに教えていただいた熊本のパン屋さん、「やまGEN」さんにやっと行けました。

とっても素敵なログハウス!川邉さんもお手伝いして作られたそうです。

20180331 - 11.jpg 

川邉さんとお友達のご夫婦と夢中でお話していたら、お写真撮るのを忘れて素敵な店の中の映像がありませんが、見て見て。この美味しそうなくるみとレーズンのライ麦パン。固くてしっかりしたドイツのパンみたいです。もちろんそのままかぶりつくのは難しいです。

20180331 - 22.jpg

天然酵母を使った贅沢なパンは、熊本と宮崎の小麦を使っているそうです。パンだけでなく、「がらがらどん」という懐かし味のクッキーやいろんな種類のスコーン、アップルパイも焼かれていて、少しずついただいました。オーガニック素材をふんだんに使っているので、どれも香り良く素材の甘みで幸せがこみ上げてきますよ。店長もとっても優しそうで、男前のダンディーなおじさまでした。イースターの過越がはじまると、一週間ほど酵母の入ったパンが食べられなくなるので、じっくりかみしめていただきました。

またゆっくり寄りたいです。

 

そしてそして、「やまGEN」さんのすぐ前には、いろんな人にいいよ~っておすすめされていた パワースポットで有名な幣立神宮がありました。 

「やまGEN」さんの場所を昨日地図で見るまで知らず、思わぬ出会いに感謝です。「やまGEN」さんのパンを頂く前にお参りに行くことに。

20180331 - 12.jpg 

高温注意報が出るほどのお天気で、鳥居が光り輝いていました。

20180331 - 13.jpg 

鳥居をくぐりると、神社の清らかさからか、木陰だからか、ひんやり涼しい空気を感じました。

20180331 - 14.jpg 

神社は美しく、まるで毎日生まれ変わっているかのよう。

お祈りをすると宮司さんが鈴を鳴らしてくださいました。

20180331 - 15.jpg 

トシオさんが大吉のおみくじを引きました。大吉は初めてだそうです。なんだかいいことが起きそうですね。

 20180331 - 16.jpg

この「ひさかき」という榊の一種だそうです。春の森でよくこの匂いがします。ちょっとへんてこな発酵した甘い匂い。

いつもこの匂いなんだろうと、トシオさんと話していて、やっと謎が解けました。

20180331 - 18.jpg 

神宮の森の道を歩きます。

 20180331 - 19.jpg

杉と楓の木が一つに生えている不思議な木。

20180331 - 20.jpg 

なんて立派な木。圧倒されます。

20180331 - 21.jpg 

光がまぶしい。

20180331 - 24.jpg 

お散歩していたら、素敵なお母様方と一緒になりました。延岡からいらしたそうで、皆さん高校の時の同級生だそうです。

「私たちみんな70歳よ~。パワーをもらいにやってきたの」皆さんとっても元気でお若くびっくりしました。

音楽旅をしていると言ったら、みんないそいそと、車からお土産を持ってきて私たちにも分けてくださいました。

うれしかった~。

お母様方の優しさと元気のパワーは、幣立神宮のパワーに負けないオーラを感じました!!

今年一番の、雲一つない空から降り注がれる光に包まれて、女神たちと記念写真。

素敵な出会いに感謝です。

ありがとうございました。