ポーズを決める小澤高志さん

小澤さん

 思い返せば、楽しかった東京生活の多くは小澤さんとの思い出です。小澤さんに出会ってから私たちは、心から愛することがどんなに幸せであるかを知りました。小澤さんのまわりには真の美しさに溢れ、いつでも微笑みの天使が舞っているようでした。

小澤さんと最愛の奥様との様子に私たちは憧れて、私たちも全ての喜びや悲しみを分かち合い、支え合ってゆける夫婦でありたいと、教会で祈りを捧げる二人のお姿を見ながら祈っていました。

本当に美しいご夫婦でした。

私たちの心の支えであった小澤さんに、どれだけ私たちが頼りにしていたのか、小澤さんが遠くへ行ってしまって、気付く私たちの愚かさに、胸が締め付けられる思いです。

不器用な私たちを心から応援してくださり、いつもどこにでも何かあると駆けつけて励ましてくれ、またダンスやコンサート、講演やお食事など、引きこもりがちな私たちに、たくさんの楽しいお誘いをしていただき、その度にたくさんの出会いをいただきました。小澤さんがいなかったらチェレステ楽団も生まれていないし、今も活動を続けていることは無いし、こんなに幸せな夫婦になれなかったかもしれません。

小澤さんの大きな愛に、感謝の言葉は言い尽くせません。

本当に小澤さんのことが私たちは大好きでした。

カトリック神田教会での葬儀

カトリック神田教会での葬儀。

クリスマス会で、小澤サンタと歌っていたあの日が懐かしい~。私たちチェレステ楽団が旅を始めて、疎遠になってしまっていた神田教会。なかなか足を運びにくく心遠くなっていたところに、やっぱり小澤さんが連れ戻してくださいました。私たちの愛する教会や神父様、小澤さんの愛する人々、音楽やたくさんのお花に見守られて、小澤さんが最高の微笑みでダンスを踊りながら神様のところへ向かっている姿が見えるようでした。

そして教会から火葬場までのバスの道のりは、ルネッサンスダンスを習っていた時にいつも二人自転車で通ったコース。帰りは小澤さん幸子さんの結婚10周年をお祝いしたお店の前も通り、、幸せな思い出たちが走馬灯のように蘇りました。

20090314-8.jpg

20090314-7.jpg

懐かしいルネッサンスダンスのワークショップ。
イタリア直伝の貴重な15世紀のルネッサンスダンスを惜しみなく伝える小澤さん。
ダンスを愛する小澤さんのお話が深くて深くて、、。
ルネッサンスの衣装を着せていただき、美しい時間でした。

 

教会のクリスマス会には、小澤サンタさんと、楽隊で参加しました。

20081221-10.jpg

20081221-12.jpg

楽しい踊りに子供たちがのびのび。

20081221-9.jpg

私にハープを出会わせてくれた小澤さん。
右端の木田ご夫婦にハープのことをたくさん教えていただき、ハープを始めることになりました。

 

クリスマスにはいつも送ってくださったhanaの焼き菓子。
可愛くっておいしくって、、。

20091223-3b.jpg

クリスマスカードと アッシジの聖フランチェスコとロザリオ:チェレステ楽団

最後のクリスマスカードになってしまったクリスマスカードと
アッシジの聖フランチェスコとロザリオ。
小澤さんにアッシジの聖フランチェスコのお話を聞いて、すっかり魅了され、
夫婦でイタリア旅行に行く時、小澤さんがこのロザリオをプレゼントしてくださいました。
そしてアッシジで出会った神父様がロザリオに祝福をしてくださり、大切な宝物になりました。

20100117-1.jpg

アッシジの聖フランチェスコ聖堂。
小さきもの、自然、芸術を愛する、小澤さんと聖フランチェスコが重なった瞬間でした。
朝の静寂な時間、青く輝く地下の聖堂で小澤さんが祈りを捧げる姿が心に浮かんできます。

P3141843-1.jpg

愛に溢れた小澤さんと幸子さん。
アッシジの聖フランチェスコと聖クララのような清らなお二人。

 最後の最後まで本当に美しかった小澤さん。人生のこと、神様のこと、芸術のこと、小澤さんともっともっと語りたかった。まだまだ天国の小澤さんにいっぱい話しかけてしまいそうです。どうか私たちのこと見守っていてください。そして神様のこといろいろ教えてくださいね。私たちも小澤さんのように愛に溢れた人になれるように、人生になれるように頑張ります。

 本当に本当にありがとうございました。

 愛を込めて

太宰敏雄・陽子

K2Oah.jpeg

カトリック別府教会のルルドにて。

 

イースターおめでとうございます。

 

桜の花びらが舞い散る美しい日。

別府の花民さんにてのチェレステ楽団コンサートも無事終わり、

別府のカトリック教会でイースターのミサに与ることができました。

 

神に感謝。

チェレステ楽団の演奏

4月15日、別府のギャラリー&カフェ「花民」さんにて、チェレステ楽団によるリニューアルオープンコンサート無事終了しました。お天気に恵まれ、あたたかな日でしたので、窓を開けてのコンサート。風が吹いて、人のお客様の他にもお庭に咲いている桜の花びらが会場にひらひら遊びにいらしていました。

今日は、私の親戚も足を運んでくださり、嬉しくて興奮しすぎてコンサートのはじまりはひどく緊張していましたが、皆さんのあたたかな眼差しと、気持ちにだんだん落ち着いてきて、心を込めて演奏することができました。春、新たな花民さんにちなんで、お花をテーマに、自分のお気に入りの歌を歌うことができて、とっても幸せでした。

いとこの幼稚園前のお子さまがおとなしくじっと聞いてくれて、奇跡のようでした。その姿が可愛くて可愛くてとっても嬉しかったなあ。

本当にありがとうございます。

MGbjM.jpeg

コンサート後、皆さまと一緒に。

忙しい新年度の時、そして春のイベントが目白押しのこの日、足を運んでくださった皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。

そして、素敵なティータイムを安達さんが設けてくださったおかげで、皆さん一人一人とお話しすることができ、たくさんあたたかなお言葉をいただき、幸せな時間となりました。

 

E7YSt.jpeg

オーナー安達さんがご自慢の窯でピザを焼いています。

仕込みから全てお一人でやられていて、その元気なお姿にびっくりです。

 

OUjgE.jpeg

大分産の小麦や米粉を使った生地は、もちもちふんわり甘く、それだけでも美味しい生地に、チーズのピザや、トマトのピザなど、たくさん焼いてくださいました。美味しかった!!

皆さん大満足でしたよ。

本当にありがとうございました。

 

隣の会場にも、辛島さんの素晴らしい彫塑の展示があり、なんだかイタリアにいるようでした。

辛島さんの作られる人物像の表情がとっても不思議で、見る方向によって、笑っていたり、憂いを帯びていたりで、とっても心惹かれるんです。そして、辛島さんは本当に素敵な方で出会えたことに感謝です。

 

辛島さんの展示はまだまだ続きますし、他の作家さんの展示も常時されていますので、是非ランチやお茶しにお立ち寄りください。きっと素敵な出会いがありますよ~。

私たちもまたランチしに遊びに行きます~。

 

皆さま本当にありがとうございました。

 

 

 

 

image 2b.jpeg

今日は、久しぶりに良いお天気でしたので、お散歩に。

少し歩くだけで、たくさんのお花の出会う季節となりました。

image.jpeg 

お星様のようにきらきら

image 4.jpeg

植物がのびのびしていて、清々します。

いっぱい日光浴して、元気が出てきます。

20170412.JPG

木漏れ日の中にひっそり。

日々に疲れて、少しくじけそうな日でも、

けなげに咲く可愛らしいお花を見ると、なんだか励まされます。

優しいなあ~お花さん。

 

桜も満開。

春の香りに満たされます。

image 7.jpeg

image 5.jpeg

春を待ち望んだお花たちの喜びの歌が、聞こえてきますね。

image 6.jpeg

お花のトンネル。青空まで続いている。

私も、春のお花たちのように素敵な音楽のお花を咲かせたいなあ。

 

今度の土曜日(4月15日)は、別府のギャラリー&カフェ「花民」さんにてチェレステ楽団コンサート。

「花民」さんは昨日11日リニューアルオープン。どんなギャラリー&カフェに生まれ変わっているか、ワクワクです。オーナーさんの焼くピザが、楽しみです。

私も、春のお花特集で、なかなかご披露する機会のない、桜の歌「君と歩いたこの道」や、スズランの「涙のベール」(はじめてのライブ演奏)などご披露する予定です。

辛島さんの彫刻展示は始まっていますよ〜。
皆さんも是非遊びに来てください。

 

 

 

前日の「さとううさぶろう&ふじのよしあき コラボセミナー&コンサート」

が無事終わり、ほっと一息。

太宰府の近くのベジガーデンの仲さんのお宅にお泊まりさせていただき、久しぶりの再会に、3次会。いろんなことをお話ししているとあったいう間の深夜。時が経つのが本当に早すぎです。

 

ゆっくりの朝を迎え、お天気もよろしく、春の風に誘われて久しぶりにプラプラお散歩。

石穴神社というところに連れて行っていただきました。

梅の花に囲まれた鳥居。

光がいっぱいの赤い鳥居を抜けて行きますと、社殿が見えてきました。

いつもは、人影もなくシンと静まり返っているそうですが、初午の日で、参拝者がたくさん見えられていました。

この社殿の奥に、奥の院があり、靴を脱いで石を渡って行くようです。

岩がたくさん重なり合い、

屋根のように被さった石の穴。どこかしこにお稲荷さんが祀られていました。

ずんと空気の変わる空間です。

そして、、

奥の院の磐座さま。

この石の中に小さな祠があり、その左側には空間があるようです。

そこで、神事が行われているのでしようか。まるでそこは他界への入り口のようです。

 

初午のお祭りでしたので、生姜の葛湯や、紅白のお饅頭を出していただき、なんてついているのでしょう。ちょっとお腹が空いていたので、甘茶が体にしみておいしかったです。

ありがとうございました。

梅の花の咲く太宰府天満宮の境内にて仲さんと。

青空に花の美しさが際立っていました。

太宰府天満宮の参道は、なんと人の多いこと。

梅酒祭りが行われていて、試飲会など、大変賑わっていました。

ひや~。歩くだけでも、名物梅ヶ枝餅を買うだけでも大変です。

 

 

でも今日のメインイベントは、「聖者たちの食卓」インドカレー付き上演会。

仲さんに誘っていただいて、電車をのりつぎ福岡中洲にあります、マウントヒル ヨガ スタジオというところに行きました。

 

映画「聖者たちの食卓」はベルギー映画ですが、北インドにありますハリマンディル・サーヒブという黄金寺院が舞台。毎日10万食分のカレーを無償で働く方々によって作られ、宗教も人種も関係なく訪れる巡礼者などに無料で振る舞うという食堂の舞台裏をそのままお届けするドキュメンタリー映画でした。500年以上も続くというこの食堂。世界中探してもこんな食堂はここだけだそうです。

ただひたすらその1日の様子を見ているのですが、働く人々の表情や、音、熱、そして香りまで伝わり、、?(香りは、用意されていたカレーのせいかな)大変興味深く、面白い映画でした。

伝説のお店であった「スパイスロード」の元店主の高田さん。福岡のスパイスカレー文化を広め応援しているそうです。この日のイベントのために奥様とお二人で90食も作られたそうです。

すごーい。映画のように、みんなで配膳をして、知らない方々と肩を寄せ合いお食事。

5種類のカレーに、長細いバスマティライス。

びっくりするほど本格インドカレーで美味しかった~。日本人でこんなに美味しいインドカレーを作られる方に初めてお会いしました。感動です。朝から散歩でお腹が空いていたので、ペロリと食べておかわりまでしてしまいました。ごちそうさまでした。

 

そしてすっかり日も暮れて、天神の夜の街を3人でプラプラ~。

広場のステージでは、ラップの演奏があって大賑わい。喉が渇いた私たちはカフェでビール。久々のビールにあ~美味しい。楽しくてとっても幸せな気持ちがしました。

 

素敵な時間を仲さんありがとうございました。朝の仲さんのお味噌汁と酵素玄米、そして豆乳グルトが美味しくて美味しくて。なんて幸せな3日間だったのでしょう。

感謝!