イラスト:チェレステ楽団

心温まる出会いを求めて、演奏の旅をしている夫婦ユニット「チェレステ楽団」

チェレステとはイタリア語で天空という意味があります。

空からの恵みや小さな幸せを紡ぎ、音楽にしています。
[オリジナル音楽・クリスマスソング・童謡/わらべうた]

CD/紙デザイン/映像なども二人で制作しています。

うた・ハープの太宰陽子とインド太鼓タブラの太宰敏雄。心と体にやさしい音色を、お届けします。

 ♪音楽/CDはこちらのページで試聴できます。
▶ Music/CDページへ

●出張演奏も承っております。どうぞ気軽に声をおかけください。
[ギャラリー / カフェ / ホール / 教会 / 学校・幼稚園 / 福祉施設 / 蔵 / サロンコンサート /結婚式など
様々な企画・場所 で演奏しています。]

▶ Contactページへ

 

太宰陽子


うた・ハープ / 作詞 / 作曲 担当 

写真:うた・ハープ太宰陽子「チェレステ楽団」 歌うこと、踊ることが大好きでミュージカルやオペラの仕事をしていました。そんな中、自分自身が演奏していて癒される心地の良い音楽を作りたくて、作詞・作曲をはじめました。それから、伴奏者がいなくても演奏出来るように、憧れだったハープをはじめました。手に吸い付くような弦の感触が楽しくて、それからずっと小さなハープで大好きな歌を歌っています。
 心にお花が咲くような、きれいな景色が浮かぶような幸せな音楽をお届けしたいです。
 音楽以外では、小さな頃からお裁縫や編み物が大好きで、はじめると時間をわすれていつまでも夢中でやってしまいます。お菓子作りも大好き。でもお裁縫もお料理もいつも思いつきで自由に作るので失敗も多く、形になるのはごくわずか。
 そして旅をすることは本当に大好きです。あたたかな風が吹くと心がきゅっとときめいて、旅に出たくなります。知らない町の空気を感じるのが好きです。

太宰敏雄


タブラ(インド太鼓) 写真 / イラスト / デザイン 担当

写真:インド太鼓タブラ 太宰敏雄「チェレステ楽団」 写真・絵を描いたりすること、そして音楽が好きです。特技は、父の影響でコンピューター。機械の発展とともに育ちました。学生時代には電子楽器科で音楽も学びましたが、仕事としては東京で写真とグラフィック制作を中心にしてきました。そんな中、大好きな音が鳴るインド太鼓タブラに出会い、東京に在住の北インド古典音楽家プレーマダーサ・ヘーゴダ師に師事し、その後チェレステ楽団として活動をはじめました。自然の中で楽器の練習をするのは、とても気持ちがよく幸せです。

そして、旅人として体験する出会いと別れはとても素敵だと感じます。
楽団の録音・Web/CDジャケット・映像制作なども担当しています。

趣味:チェレ号の改良
各地の湧き水でコーヒーを入れること

 

楽団の楽器


gakki.jpg●ハープ
メイプルの木で作られた26弦小型ハープ。メイプルの甘い香りのようなやさしい音色がします。中世の吟遊詩人のように色々な場所で演奏できるように軽量で持ち運びしやすいハープを選んでいます。

 

●タブラ
北インド古典打楽器で、インドの声楽・弦楽器シタールなどの伴奏楽器です。近年ではソロ演奏や、あらゆる音楽に使用される事も多いです。たくさんの種類の音が出、また音程を変化させながら演奏できる珍しい太鼓です。

旅とチェレ号



celegou.jpg 2011年、長年住んでいた大好きな東京の家にさよならし、旅に出ようと決めました。その為の車を探していたら、運命のチェレ号と出会いました。 
 屋根が開いて2階が出てくるタイプのボンゴフレンディ初期型。 
電話会社の移動事務所だったので特別仕様の不思議カラーです。
チェレステカラーとかなり近かった為、一目惚れでした。 
 当時はこの車の事をまったく知らなかったのですが、生活用のバッテリーを積む場所があったり、車体の発電機が優秀だったりととても旅向きの車で、私たちにとって家の代わりになるとても貴重な車です。 自作のソーラーシステムを搭載するなど旅用に改良しながら快適に暮らす方法を見つけています。 
ディーゼルカーなので、手に入る時にはバイオディーゼル燃料(てんぷら油の再利用)で走行します。